歌広場より

待ちわびた連絡がついに来た!やった!と思ったらそれは夢で、なーんだ、でももしかしたら、とメールボックスを開いたらメールが残っていて、わあ!やっぱり夢じゃなかった!やったー!と返信を打つのだけど、急な眠気に襲われてどんなにがんばってもうまくタイピングできず、眠くて、眠くて、ちょっとだけ、とまぶたを閉じて、次に目を開けたら今までの出来事は全部夢だった。受信ボックスには歌広場からメールマガジンが一通きているだけでした。